スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーエクセルサと多花性クレマスたち

我が家の庭が1年で最も華やかになるタイミングで、雨続きなお天気に見舞われておりますが、

涼しくていっかーということで、散る前に写真を撮っておきました。

2016May26garden.jpg

濃いピンクの入道雲のように咲いているバラは、スーパーエクセルサ。 八分咲きぐらいかな。

昨年、ハゲゾーにお願いしてパーゴラにバラを誘因するための横棒を設置してもらいました。

スーパーエクセルサって意外とあまり蔓が伸びないんですね。でもせっかくパーゴラがあるんだから上の方まで誘因してみたくて、棘の攻撃に立ち向かいながらも蔓をグイッとひっぱって、ほぼ無理やり棒に絡ませてみました。

細かいトゲがあるので、スーパーエクセルサの茂みに近づくと必ず服や帽子がトゲにつかまってしまい、あっまた身動きできない・・・ってことがよくあります。
蔓を紐で固定するときは、グローブも脱がないとだめなので指にもグサグサ 痛いです。

2016May26garden9.jpg

きれいに咲いてくれたら、痛いのも一瞬忘れるわ~。


右側の白っぽい花は、クレマチスのビエネッタちゃんです。ちゃん付けしたくなるぐらいカワイイ。

一番好きなクレマチスは?と聞かれたら、ビエネッタって答えるぐらいお気に入りです。

2016May_superexcelsa.jpg

2016May26garden2.jpg

左側の紫色のクレマチスは、カシス。カシスとビエネッタは、どちらもフロリダ系で毎年競演を楽しみにしているのです。

かわいいでしょ♪

昨年の秋に立ち枯れしそうな雰囲気が漂っていてヒヤヒヤしたのですが、どうか今年は挿し木が成功しますように(人)


2016May26garden8.jpg


2016May26garden5.jpg

出窓の下には、エトワールバイオレットを誘因しています。

多花性です。

2016May26garden6.jpg

なんとかカシスと合流。

2016May26garden7.jpg

今年は、クレマチスがエカキムシという厄介なムシの被害にあい、大変なのですが、来年はどうか出ませんように

ほんとにびっくりしたよ。

黄色の粘着テープをあちこちにぶらさげておりますが、結構ひっかかります。バラの茂みの奥にぶらさげておくとハダニがいっぱいくっついていました。
ちなみにナメクジとアマガエルさんは、粘着テープをスルーできるので驚きでした。



締めくくりは、トリミング仕立てのあたくしたちでございます。

2016May27chocolat.jpg

明け方から調子が悪いと訴えておりましたが、夕方にはなんとか元気になったのでホッ。


2016May27noel.jpg

バンダナが気に入らないらしく、凹んでいたノエゾーでした。
スポンサーサイト

乙女な気分にさせてくれるローズたち

いつも種や挿し木から植物を育てたり、バラもたくさん育てておられるヨガの先生から、バラの切り花をたくさん頂きました。

大変な時にありがとうございました。

2016May25garden4.jpg
ひや~かわいい。 むぎゅっと詰まった花びらにうっとり。


2016May25rose2.jpg
アンジェラももりもり咲いていました。

2016May25rose3.jpg

そして、この立派な真っ赤なバラ。 造花じゃないかって思うぐらい、完成度たかーい。

不思議の国のアリスで、トランプ兵が白いバラを赤に塗り替えるシーンを思い出してしまいます。


我が家の薔薇は・・・虫に食われボロボロですが、ガーデンシェッドにのっけてるアイスバーグの様子はこんなかんじです。

2016May25garden.jpg

たいしてお世話せずとも大きく成長しました。タヌ子仕様のバラですね。

左側が道路なので、どんどん出てくるシュートもバサバサとカットしてます。

2016May25garden2.jpg

そして、咲くのを楽しみにしていたジギタリスとデルフィニューム。

2016May20garden5.jpg


デルフィニュームは、茎が細くて、雨がふると花に水分を含んで重くなり、バキッとおれてしまいます。
支柱は、最初からしておきましょうと学びました。


2016May25garden3.jpg


昨年からえっさほっさと開拓している西側コーナーに植えたジギタリスとギガンチュームもぐんぐん伸びてきました。
こちらのジギタリスは、アプリコット色でタヌ子好み。

咲いてくれてありがとう♪

ここ支柱していない! 今日から雨が続くようなので、支柱しないとバキッといきそうだわ。





2016May15choconoe.jpg
我が家の生意気かわいこちゃんたちは、元気にしております。

大輪系クレマチスその2

日中は、暑くなってきましたね。

庭仕事は、こまめに水分補給しながらじゃないと、脱水になりそうです。
皆様もお気をつけて!


さてさて、もう終わりかけなんですが、今年の大輪系クレマチスの様子です。

んー 写真教室通おうか。相変わらず一眼レフで撮影してるように見えないぞ。
2016May13garden.jpg
咲いているのは、白雪姫、ベルオブウォーキング、紫宸殿、穂高です。

穂高は、下の方でかたまって咲いてます。

2016May13garden2.jpg



今年も紫宸殿は、ラベルの花の色&形とは違った様子で咲きました。
2016May13garden4.jpg

もっと濃い紫でポンポン咲きじゃないの?
鉢を大きくして、日当たりの良い位置に移動してもあまり変化なし。



こちらは、ナメクジにすぐに食べられてしまう古株のアンドロメダさん。

2016May13garden3.jpg

2016May20garden3.jpg


ダブルかシングルで咲きます。ダブルで咲いてくれるとうれしいね。
2016May20garden.jpg

こんなにいっぱい咲いたのは、はじめてかも。

昨年、中庭から車輪コーナーに移動したのがよかったのかモリモリ大きくなりました。日当たりって大事。

葉っぱが目立ちすぎで、ひょっとするとチッソ分が多かったのかな。車輪が全く見えません。

2016May20garden4.jpg


最初の数年は、日当たりの悪い地植えで全然育たず、それでも枯れずにがんばって耐えてくれてました。

移植はしない方がよいといわれているクレマチスですが、わたくし、地植え→鉢植えという移植を結構しております。

幸い、移植が原因で枯れたことは今のところありませんけど、たまたま強健なクレマチスばかりだったからかな。

これまでに、数年地植え→鉢植えに移植したクレマチスというと、
Dr.ラッペル
アンドロメダ
ピンクファンタジー

結構といっても3つだけでしたわ。皆さん無事でございます。


クレマチスではないですが、モリモリ育って、咲くのを楽しみにしていたベルフラワー。
2016May13garden7.jpg


満開~

2016May13garden8.jpg

2016May11garden2.jpg
ホワイト→ライトピンクに色が変化する移り色ゼラニューム。


最後は、久しぶりのプランターのご紹介です。

グラスファイバーならではの、凝った形をしています。
resinplanters.jpg
モチーフは、左から、バスケット、イーゼル、ジャムポットです。

glassfiberbasketplantermg.jpg

商品詳細は→グラスファイバー製シャビーシックプランター☆バスケット型・ミントグリーン×カーキ

早咲きクレマチス

2016Apr27garden2.jpg


今日でゴールデンウィークが終わりましたね。

ショコラ家は、ちょこっと近場へはお出かけしましたが、家でそれぞれ自由に過ごしておりました。

ハゲゾーは、色々とDIY作業をしてくれたね。


タヌ子は、3年前の同じ時期も大変だったのですが、喉の炎症→咳がとまんないという症状がまた出て、すんごい変な声のままGWを過ごしてました。

GW明けまでに声が戻ってよかったです。 今回も漢方のお世話になりました。

2016Apr27garden.jpg


今年は珍しくチューリップの球根も植えてみたけど、あっという間に散っちゃった~。
八重できれいでした。楽しませてくれてありがとう。



早咲きのクレマチスもどんどん咲きだしました。

2016Apr30garden.jpg

万重咲きのこちらのクレマチス。左右に同じクレマチスを鉢植えしているんですが、左右で違う色で咲きました。

処分品のような状態だったクレマチスで和名だったのは覚えているのですが、名前をメモしておらず・・・。

カイゼルというクレマチスに似てるような。

右側の鉢の方が先に咲き出したんですけど、後から咲き出した左側のクレマチスはなぜかうっすらピンクがかった白とライムグリーンのような色で咲いてびっくり。こんなこと初めてです。

2016Apr30garden2.jpg

こっちの色の方が、かわいい。すごく寒い日もあったから、咲いた時の気温が関係してるのかな?
→調べてみると、どうやら蕾の状態の時に寒さにあたると、本来の花の色で咲かない場合があるみたいです。


後半からウドンコ病と虫(多分、エカキムシという厄介な虫)に悩まされることになり、花が咲き終わった右の鉢の子は、ばっさりと剪定してしまいました。

これまでクレマチスを育ててきて、病気とか虫(ナメクジ除く)の被害は無縁と言っていいうぐらいで、バラと比べて本当に楽ちんと思っていたのですが、今年は結構大変なことになってます。

土壌改良をダラダラとですががんばってきたので、土には農薬を入れたくない・・・という思いが強く、とりあえず、エカキムシ(成虫の見た目は、ちっちゃいハエみたいなかんじで、かなり厄介なお方です。)の成虫にある程度効果のあるらしい黄色の粘着シートをあちこちにぶらさげておきました。 半日で結構くっついてました
んがしかし、あまりにも被害が酷かったロウグチは、オルトランの粉を土に直接撒きました

ニームをもっと定期的にシュッシュッするのと土にもすきこまないといけないんだね。
エカキムシの発生は思い当たることがあるので、来年からは気を付けよ・・・。


お次のクレマチスは、古株のDr.ラッペルさん。

2016Apr30garden3.jpg

2007年に購入したので、10年近くなります。

2016May3garden.jpg

昨年は全然咲かなかったのに今年はいっぱい咲いてくれました。

秋に植え替えを試みたのだけど、根がはりついてしまっているようでビクともせず。
かなり粘ったけど無理だったので、土をある程度掻き出して新しい土を入れただけなんだけどね。
水持ちが悪くなっているので、今年の秋に再度鉢から外すのをチャレンジしてみるつもりです。


そして、最後はいつものおふたりさん。

今日で、ノエルがショコラ家に来て3年目をむかえました。

2016May4chocolatnoel2.jpg
バースデーガールでーす。 

縁って不思議だね。ノエルに出会えて本当に感謝です。

2016May4chocolatnoel.jpg
姉御肌のショコラのおかげで、今があるんだな。ありがとう。

2016May2chocolatnoel.jpg
この日はちょっと蒸しっとしてたからね。おそろいの変顔で、今日はこのへんで~
sidetitleプロフィールsidetitle

ショコラ・タヌ子

Author:ショコラ・タヌ子


ナチュラルフレンチカントリースタイルのホーム&ガーデン雑貨のお店

  Chocolat's Cottage
  - ショコラズコテージ -
   


「代表取締まられ役会長」の
ショコラ(Mダックス・チョコダップル)です。
お散歩嫌いでグルメと寝ることが大好きなまるで猫のような性格のワンコです。
2013年の5月から、元保護犬のノエルが妹分になりました。

ペットのおうち

いつでも里親募集中

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。